栃木から北海道への移住(検索メモ)

とりあえず、ざっくり検索してみた結果です。

「栃木開基百周年記念之碑」(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/local/tochigi/feature/CO004136/20130527-OYT8T00679.html

足尾銅山鉱毒罹災者移民団長「開拓の群像」(pdf)
https://www.town.saroma.hokkaido.jp/shoukai/files/10gunzou006.pdf

【映画】鉱毒悲歌 撮影から35年。幻の記録映画が蘇る。
http://www.hokosha.jp/koudokuhika/saroma.html

幻の記録映画『鉱毒悲歌』がついに完成(栃木文化社ビオス編集室)
http://www.bios-japan.jp/columns/20140701_chiiki.html

足尾から来た女(NHKドラマ)
http://www.nhk.or.jp/dodra/ashio/

◇野付牛村有志による栃木移民団の歓迎 ◎『釧路新聞』を閲覧して(北見市)
http://www.city.kitami.lg.jp/docs/2557/

足尾鉱毒被害・北海道移住100年(科学史技術史研究所)
http://ihst.jp/2011/01/足尾鉱毒被害・北海道移住100年/

谷中村連絡ノートより
http://www8.plala.or.jp/kawakiyo/kiyo42_2001.html

すごいな、この年表(xls.file)
常呂の歴史
http://www.city.kitami.lg.jp/docs/2014070500016/files/tokorohistory.xls

これはすごい!!
栃木県からサロマへの移住者名簿
http://www.town.saroma.hokkaido.jp/shoukai/files/002ayumi1.pdf  栃木開基開校70周年記念 栃木のあゆみ

栃木から佐呂間への移住について、ネットで詳しくわかるのは、足尾銅山事件という特殊な事例のためですね。私が探している人は、明治39年に渡道しているようなので、この団体とは違いますが、行程表がとても参考になります。出発地が同じ。青函連絡船での火災、貨物列車で脱線、野付牛から留辺蘂までの馬そり、そこから12キロの山道を年寄りや幼い子の手を引きながら歩くって、想像を絶するものがあります。他の地域でも似たようなものだったでしょう。ご先祖様、生き延びてくれて、本当にありがとうございます。









関連記事
スポンサーサイト

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

弁財船

Author:弁財船
札幌市北区北13条西4丁目
北大13条門の前にあった
おいしい食事とお酒のお店、
弁財船は、閉店しました。
ありがとうございました。
営業時間:11:30-23:00
日祝定休
011-***-****

最近のコメント
ブログランキング
北海道に開拓に入った人たちの足跡をたどっています。一年で一代上がること目標にこつこつ調べています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
QRコード
QR
最近のトラックバック
Amazon商品一覧【新着順】
弁財船のスタッフおすすめ!
RSSフィード
リンク
FC2カウンター