廣部清兵衛メモ

広部清兵衛
天保6年3月ー明治25年5月19日(1835-1892)

広部銀行創立。名、宣賢。通称、清兵衛。福井県出身。清和源氏の出。
代々清兵衛を襲名。福井県金津町の名門。明治初年上京。
日本橋に油類・両替商を開店。
明治12年(1879)本所に広部銀行を創立。尾張屋銀行・忍商業銀行各取締役。
明治15年(1882)隠居。58歳。

広部清兵衛・次代 
慶応3年ー昭和8年(1867-1933)

箱根土地会社(国土開発)設立。幼名、清太郎。父、先代清兵衛(長男)。
明治20年(1887)家督を相続、清兵衛を襲名。広部銀行2代目行主。
昭和2年(1927)財界ショックのため事業を解散。箱根土地会社(国土開発)を設立。
東京土地会社・尾張屋信託会社各取締役。66歳。
※ 下北沢の市谷監獄が移転した跡地を、廣部清兵衛の廣部銀行・箱根土地会社
(国土開発)が払い下げを受け、宅地に整地して、分譲地として売り出したが、刑場
跡に慰霊のための等身大の観音様(高村光雲作)を建て供養した。
また、谷中2丁目の高台を昭和16年(1941)ころ整地分譲したのも箱根土地会社。

墓は、谷中霊園 乙12号9側。正面「廣部墓」。
正二位勲一等伯爵土方文元の篆額の大きな碑がある。

谷中・桜木・上野公園路地裏ツアー
広部清兵衛の墓
広部達三の墓

「立志訓話」廣部清兵衛
101/124ページです。
もと幕府に仕へていた。父は、清左衛門。

「名士奇聞録」広部清兵衛 訴訟を好まず
227/277ベージです。

『摘々録 断腸亭日乗』
永井荷風の日記「広部銀行」
http://www.geocities.jp/hgonzaemon/dannchoutei.html


永井荷風 編奇館を歩く
地主は廣部清兵衛

新聞記事1

新聞記事2

企業破綻と金融破綻 負の連鎖とリスク増幅のメカニズム-小川-功

建築散歩
31/飯田橋 九段下へ
広部銀行が入っていた九段下ビル

九段下ビル
ビル内部

建築学会
東京横浜復興建築図集1923-1930に図面あり

清兵衛と上越鉄道(pdf)


幕別町史
駅名を「札内」にするか「広部」にするかでもめる

Web東京荏原都市物語資料館
廣部清兵衛の記述ありblog

#広部清兵衛
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

弁財船

Author:弁財船
札幌市北区北13条西4丁目
北大13条門の前にあった
おいしい食事とお酒のお店、
弁財船は、閉店しました。
ありがとうございました。
営業時間:11:30-23:00
日祝定休
011-***-****

最近のコメント
ブログランキング
北海道に開拓に入った人たちの足跡をたどっています。一年で一代上がること目標にこつこつ調べています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
QRコード
QR
最近のトラックバック
Amazon商品一覧【新着順】
弁財船のスタッフおすすめ!
RSSフィード
リンク
FC2カウンター