スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『コンニャク屋漂流記』

星野博美さんの『コンニャク屋漂流記』を一気読みしました。
家系調査あるあるが満載です。ぜひ読んでみてください。
自分の家系に関係がなくても楽しめると思います。

関係ないと思いながら読んでいて、知ってる人名が出てくる衝撃!
(五郎右衛門、五兵衛、セキヤ)
私の調査エリアの詳細な記述がでてきたり…。

星野博美さ〜ん!直接お話うかがいたいです!
大橋食堂のことご存じないでしょうか。
私、北川五郎右衛門の子孫です!
こむ
ご連絡お待ちしています。

でもやっぱり同姓同名かな。
漁師とか、外房、紀州、全く聞いたことないもんね…。
五郎
廃棄済みって…。
手がかり見つからず、五郎右衛門は調査保留になっていました。

大橋食堂についてはコチラ→大崎広小路駅前だったのかも







スポンサーサイト

北海道への移住

幕末から明治初期に北海道へ移住した場合、戸籍でさかのぼるのは難しいかも。

明治5年式戸籍(壬申戸籍)は入手できないからです。

そんなときは郷土資料を探します。読みにくい手書きの戸籍を解読するより、よっぽど楽です。戸籍にのってなかった情報が、あっさり見つかることもあります。目的の郷土資料をいかに見つけるかにかかっています。

戸籍を順にさかのぼって、一番古いものの本籍地が道内だった場合、ショック大きいです。途方にくれます。北海道へ移住する前、どこに住んでいたのかがわからないからです。こんな重要なことがさらっと書かれている郷土資料が大好きです。ご先祖さまが暮らしていた地域の郷土資料探し。砂金とりや化石探しと違って安全な宝探しです。基本、屋内での作業なので天候に左右されることもありません。

本や資料はこちらから探しています
国立国会図書館
国立公文書館デジタルアーカイブ
アジア歴史資料センター
北海道立図書館
北方資料デジタルライブラリー
札幌市の図書館
札幌市中央図書館デジタルライブラリー
さっぽろ資料室

市町村史には、元の資料名や所蔵先が記載されていますので、元の文書を探すことができます。元の文書はこちらで検索、閲覧できます。
北海道立文書館
札幌市公文書館

個人的には全八巻の『新札幌市史』の中で、第七巻史料編二が特に好きです。あとは、『新琴似兵村史』。

IMG_3744.jpg FullSizeRender (4)

読みたい本を見つけたら、近くの図書館で探しましょう。ない場合は、図書館に相談してみましょう。相互貸借制度の利用で借りられるかも知れません。とても便利です。

十勝地方の郷土資料探し 2

図書館、大好きです。特に郷土資料コーナー、何時間でもいれます。

IMG_3619.jpg IMG_3621.jpg FullSizeRender (3)

『清水町内石碑等調査報告書』清水町教育委員会
『懐かしの清水町展』写真集 清水町開町100年記念事業
『郷土史考 郷土の歴史を訪ねて(碑は語る)』髙橋 行夫

『北海道と島根縣』

『北海道と島根縣』
附録二 北海道在住島根縣人名簿

本名簿は北海道在住の島根縣人を網羅し部類に別ち、其の出身地、現住所、電話、職業等を掲載せり。
一般在住者 現住所地方別「いろは順」とし、地方別は
 石狩、後志、渡島、膽振、日高、十勝、釧路、根室、手鹽、北見の國別順とす。

↑もう最高です↓
FullSizeRender (1) IMG_3606.jpg IMG_3605.jpg

石を探す・石からわかること

・墓石からわかること。例えば笏谷石(しゃくだにいし)を使っているのは○○県出身者!
・奉納のしるし。神社、お寺でくまなく探す!
・いろいろな石碑。石碑を見たらとにかくチェック!

私のかわりに歩いて、写真を撮って、調べてくれてる!この本すごい!すごすぎる!
菅原慶喜さん、どうもありがとうございました。図書館で借りました。
書名 『温故知新 十勝の石碑』     
著者名 菅原 慶喜/著
出版者 帯広 菅原慶喜
出版年月 1987.4
十勝の石碑

法務局で探してみよう

土地台帳を探してみよう。
・昔の地名、地番を現在の地名、地番に置き換える。←ココ早く取り組まないと、年々難しくなります!
・昔の地図で場所を確認する。←昔の地図をどう探すか
・住宅地図で場所を確認する。←お世話になります。ゼンリンさん。
・法務局で土地台帳を探す。←ハードル高し。目的のものを手にしたときの感動はひとしお!!
・現地に行ってみよう。←最終目標

『新版 土地台帳の沿革と読み方』 単行本 – 2003/1
友次 英樹 (著)

図書館で探してみよう

買っていたらきりがない。
この本は、札幌の図書館にはないので相互貸借制度を利用して借りる予定。

『栃木の苗字と家紋』〈上巻〉 (1984年)


この本は、札幌の図書館にもあります。西日本編と東日本編の2冊。館内閲覧です。

『都道府県別 姓氏家紋大事典』 – 2004/6
千鹿野 茂 (著)

残部僅少!と言われても…。なかなか手が出ない。

『忘れられた農村問題研究者 関矢留作 人と業績』本体7,500円



十勝地方の郷土資料探し1

1年半も保留にしてあった案件。再開します。

帯広市図書館ホームページ → パスファインダー → ルーツを探し、自分史をつくる
自分史や家系図を作成するときの参考にどうぞ!2016年12月改訂

流行ってるのかな。改訂されるくらいだから需要があるのでしょう。
いいこと、いいこと
何かいいことないかな〜、何かついてないな〜と思っている人にオススメします。
神社に神頼みに行くより、確実に開運招福に繋がります。

帯広市図書館ホームページ
 http://www.lib-obihiro.jp/

帯広百年記念館ホームページ
http://www.octv.ne.jp/~hyakunen/index.html
これ貴重→「ふるさとの語り部」総目次
http://www.octv.ne.jp/~hyakunen/kataribe-mokuji-23.html

図書館で予約しました↓アマゾンにはありませんでした…。

書名 『温故知新 十勝の石碑』     
著者名 菅原 慶喜/著
出版者 帯広 菅原慶喜
出版年月 1987.4

家系調査の旅

10月に家系調査の旅を予定しています。
全然観光地ではなく、映画トリックに出てきそうな限界集落です。
当然、パッケージツアーなどなく自分で組み立てることになります。
でもそれが楽しいんですよね。
家系調査の旅プランナーになろうかな…。

かしこい旅、エクスペディア
プロフィール

弁財船

Author:弁財船
札幌市北区北13条西4丁目
北大13条門の前にあった
おいしい食事とお酒のお店、
弁財船は、閉店しました。
ありがとうございました。
営業時間:11:30-23:00
日祝定休
011-***-****

最近のコメント
ブログランキング
北海道に開拓に入った人たちの足跡をたどっています。一年で一代上がること目標にこつこつ調べています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
QRコード
QR
最近のトラックバック
Amazon商品一覧【新着順】
弁財船のスタッフおすすめ!
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。